職場の快適な環境のためにBEMSの導入を検討しよう

職場の環境を整える

仕事の効率を上げるためには便利なシステムを導入するといいでしょう。それ以外に、職場の環境を整えるということも大切になります。職場の設備や機器の、運転データ管理や制御に便利なシステムをBEMS(ビルディングエネルギーマネジメントシステム)といいます。

BEMSとFEMSの違いを理解しておこう

BEMS

ベムスと読み、主にビルのエネルギーを管理するのに使われるシステム。配電や空調、証明や換気の他、OA機器などの電力使用量を管理・制御する。

FEMS

フェムスと読み、主に工場内のエネルギー管理を行うシステム。配電や空調、照明の管理などはとくにBEMSと変わりない。工場なので製造ラインの管理や制御も含まれる。

職場の快適な環境のためにBEMSの導入を検討しよう

テクノロジー

エネルギー管理で省エネ

職場の環境を整えて省エネを図りたい、というときに便利なのがBEMSです。BEMSは、空調や照明、などといった設備がどのように使われているか把握できるものです。また、把握するだけでなく、そのデータを活かして必要な制御を行うことができるのです。職場の環境をより良くしながら、省エネを実現できるでしょう。

BEMSの3つの機能

BEMSは主に、3つの機能から成り立っています。1つ目は、BASと呼ばれるものでビルの設備の監視や制御の中央となるシステムです。2つ目は、EMSと呼ばれておりBASからのデータを分析し、エネルギーを最適に保ちます。3つ目がセンサー類で、人感センサーや温感センサー、照度センサーなどによって必要なデータを収集しています。

使用電力が見えるようになる

BEMSで集められたデータはグラフなどで表示されるため、どれだけ電力を使用しているのか解りやすくなるでしょう。時間帯や使われている設備別でデータを見ることも可能です。休憩時間中や就業時間後にムダな電力が使われていないかも確認ができるのです。

いろいろなところで使える

ビル全体の設備や機器のデータ管理を行い、最適な環境を作ることができるこのBEMSは、一般的な会社以外の場所でも活躍しているシステムです。例えば、たくさんの人が集まるショッピングモールやアミューズメント施設、介護施設や病院、学校やホテル、銀行や公共施設などでも役に立つでしょう。

BEMS導入前に知っておきたいこと

節電の意識を高めよう

BEMSで集めたデータを元に制御を行うことで、ある程度の省エネが期待できるでしょう。また、システムに任せるだけでなく、データを元に消灯の徹底することや電球をLEDに変えるといった努力も合わせて行いましょう。

電力のピークとは何か

電力は毎日30分ごとに測定されており、電気料金は年間で一番高かったピーク電力を元にして契約が行われているのです。このピーク電力を抑えることが年間の電気料金を安く抑えるコツになります。BEMSのデータはこのピーク電力を知るのにも役立ちます。

補助金について

BEMSの導入にはかなりの費用がかかってしまいます。費用を抑えるために補助金が申請できないか確認しておきましょう。補助金の申請には公募の期間や設備などにいろいろな条件があります。期間を逃した場合は次年度に公募があるか確認するといいでしょう。

BEMSアグリゲータ

BEMSアグリゲータというのは、中小ビルなどにBEMSを導入し、クラウドなどを使って集中管理システムを設置している事業者です。BEMSを導入した中小ビルの省エネを管理したり支援したりします。

広告募集中